歯周病の原因について

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起こる病気です。炎症が歯ぐきに限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎「歯槽膿漏」と呼ばれます。はじめはほぼ自覚症状がないまま進行し、歯周炎になると歯が抜け落ちたりするばかりでなく、全身に影響が及ぶことがあります。

歯は、歯冠と呼ばれる外からみえる部分と、歯ぐき「歯肉」の内部に隠れる歯根部で構成されています。歯冠の表面はエナメル質という固い組織に守られています。歯根部は象牙質やセメント質からなり、内部は歯髄と呼ばれ、神経や血管が入り組み象牙質に栄養を供給する役目を担っています。

歯の周りを取り囲む粘膜が歯ぐきです。歯ぐきの中には歯槽骨と呼ばれる骨があり歯を支えています。さらに歯と歯ぐきの境目には、歯根膜という膜がありクッションの役割を果たしています。健康な歯ぐきは、歯との間にすき間がほとんどなく、内部に細菌が入り込むのを防いでいます。

歯が十分に磨けていないと、歯垢「プラーク」という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまります。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。

歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します。歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯科医でとってもらわなければなりません。歯垢や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」が深くなり、さらに歯垢がたまりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。

歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になる、歯槽骨が溶け支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。

歯周病の予防について
歯周病は感染症であるとともに、生活習慣が発症のきっかけになることから生活習慣病ともいわれています。感染の原因となる歯垢を取り除く歯みがきや、食生活などの生活習慣を見直して、全身の病気にもつながるおそれのある歯周病を予防しましょう。

正しく歯みがきをすることがコツがありますよ。毎日何気なく行っている歯みがきですが、自己流の磨き方ではきちんと磨けていないことも多いものです。磨き残しがあると歯垢が残ったままになり、歯周病菌の温床に。正しい歯みがき方法をちゃんと勉強してください。

生活習慣を見直して疲れやストレスがたまっていたり、喫煙などの習慣があると、免疫機能が落ちて細菌に感染しやすくなります。栄養バランスのとれた食事は歯周病菌に負けないからだ作りのため、バランスのとれた食事をすることが大切です。抗酸化作用のあるビタミンCや血行をよくするビタミンEを含む食品を積極的にとりましょう。アルコールやたばこは、ほどほどにしてください、特にビタミンCを破壊するといわれているたばこは禁煙するのが望ましいでしょう。免疫力をアップさせる規則正しい生活や十分な睡眠、疲れやストレスをためない生活を心がけましょう。

オススメ情報サイト

日本製の精力剤は、30代以降に必要な栄媚薬養素の補助をしてくれる非常に優れたサプリメントです。最初は夜の生活の為に飲むという方が多いのですが、体の調子が良くなり普段から常用するなんてことも。もちろん当サイト管理人もその1人です。精力剤に含まれているアルギニンは成人病・生活習慣病の予防にも大いに役に立ちます。身体全体の血流を良くし、基礎代謝を上げてくれる役割があるそうです。

EDも同様に、糖尿病の引き起こすリスクの一つです。ぜひ前向きな姿勢で治療に取り組んでいきましょう。たとえばレビトラは即効性に優れており、服用後30分程度、早ければ15分程度で効果が現れてきます。だいたい食後30分以降に服用するのが一般的ですが、食事の影響が少ないのも大きなメリットです。持続時間もバイアグラよりも長く、10mgで約4時間、20mgだと約8時間程度持続させることができます。

  • 27th 11月, 2015