「情が切れ、歯周病思はなし」

冬の朝を込めて眠気が起きて、戸惑うベッドの長い間座りました、おしとやかで静寂、一人で静かな享これきりの時間.

私はコンピュータの画面の前に座って、私は自分の好きな文字を叩きました.

の外、风轻云淡、そうだ、淡い時間、想いを伴って墨香思いきり自由自在に書くように、たたき畅然、日光はガラス越しに私の心の中に広がって、そんな簡単に.

は、記憶の中では記憶の中で、記憶の中で起伏して、記憶の中で起伏して、心にそっと寄港、時のあわただしいに間に合わない.

これは、この時点で、気持ちも理解しにくく、しようがない、困惑すると、さまざまな,
,歯周病、静かに味わうことしかできません、これらの薄い.

は、時の低眉間に座って,1部は簡単に心に、静かに1人の清歓を得て,心の中の景色を守り、歳月の足どりはだんだん遠くなる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です