アジア初の歯周病アジア!台は機械の腕を完成すると肝手術を受けて肝手術をして

ごじゅう歳の呉さんがろく,ななしち年前に罹患多い袋性肝、今年初めに容態が急変、合併肝不全や大量腹水、彼は自ら、じゅうキロ以上の腹水、体重68 kg一度まで上がる78キロ、お腹に腫は妊娠のようで、へそさえも混ん凸出てきて、病状が困っ医師評価は,歯周病、直ちに交換肝救命だが、その鷦鷯の巣を梅が枝にかけるより遠い寄付待ちで脳死肝臓、元気に息子が身を挺して寄付し自分の右肝臓救命、彼に生まれ変わる.

お父さんが命が危急、今は寄付することにしました!22歳の息子は記者会見で、父は腹水腫れて大きくて、毎週救急室までドローに回腹水、生体肝移植を提案して医師になる時、彼はすぐに自分を最も推薦人選を経て、寄付評価後自分が60%、約800グラムの右肝臓.

p>の病院の外科部<主治医吴耀铭は、生体肝手術寄付困難度が高いので、肝臓はあちこち血管、うっかりなど大出血、特に伝統肝臓寄付手術さんによんじゅう道を殘して~ごじゅうcmベンツ形の大きな傷や傷は増えやすい合併症感染の機会を縮めるため傷口を下げて、合併症のチーム初の機械病院を腕生体右肝臓寄付低侵襲手術は、ドナー腹部がご約いちセンチの大きさの傷口腹腔内に入って、寄付を右肝臓に贈られる切除手術を受け、切除手術を完成した後、下腹部が約はちドナーセンチ傷口を肝臓、次次の父の肝臓移植手術を行う.

p>が傷口小さく<,出血量が少なく、ドナーは減少術の後の痛み、より大幅に低減し、術の後をつけて感染などの合併症を克服する手術成功確率は、伝統の欠点は、現在の親子は手術後の回復が良好で、記録をアジア地域でロボット腕生体肝低侵襲手術の成功は初の寄付!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です