三寒四歯周病温もあなたは風邪に気をつけて

さん月は春先に、歯周病、寒い空気が頻繁には主要な特徴で、今年から寒波に侵入、例年に比べて、気温の変化の幅が大きく、寒い長雨の天気を使用しやすくて落ち込んだし、体の抵抗力が弱まっても対応するため、人々は防寒の保温仕事、風邪予防などの疾病の発生.

民間文の俗諺「啓蟄北風が吹き、初めから更に冬を越す.現在の天気状況に合っている.中国の漢方医の科学院教授杨力表示され、三寒四温の影響で、最近は心の脳血管、上気道感染などの疾病が多いので、人々はきっと注意し春覆い.杨力と指摘し、春覆いの二つあり、温度の信号は、気温よりじゅうご℃.15℃普通は春ひっかけの臨界温度、特に老年人あるいは弱い人に対して多病の人にとって、もし日平均気温は15℃以下なら、綿入れを脱ぎます.二は昼夜の温度差が8℃だ.春先は朝晩温度差が大きく、人々は気温変化に従って服を加減し、朝晩は特に服に注意して.

p>と<杨力春覆いを重んじ、上に薄くて厚い、重曲足.漢方医は、寒すぎ下から起きて、人体の下半身の血液循環は上部に悪いから、下半身の保温に注意.また、頭、手部と足部と足部とは、人体に最も放熱の部位で、ひっかけ.特に高齢者と子供は帽子をはずし、手袋、厚い靴下を脱いで、体の免疫力を低下しやすくしても体の免疫力を低下しやすいのです.また、女性よりも手足や腹部を守って、焦らないでください脱ぎセーター切っ寒風と寒気を受けに襲われないように.

(実習編集:邓婕瑩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です