今年第6例ドイツ麻疹は、歯周病幼児接種ワクチン接種について、今年第6例

p>病気統制計画発表<今(102)年第ろく例ドイツはしか海外移入例に住む北部24歳の女性が、じゅう月中旬から中国大陸の江蘇省、山東省などへの出張、じゅう月さんじゅうから続々と現れる鼻水、咳、のどの痛み、関節の痛み、発疹などの症状じゅういち月じゅうに日掛けて機返台、即日、医者にかかる経診断ドイツはしか、現在すでに回復.事例に乗ってみると機台にも伝染力を持って、感染防止のたび、衛生ユニットには搭乗便の事例を身につけると接触者じゅうさん名や病院の接触者123人を監視、健康や発覚後予防措置、現在未発見が疑われるドイツはしか症状者.

疾管署によると、今年は近隣の日本、中国大陸,マレーシア、フィリピン、カンボジアなどの国、ドイツはしかの流行は例年、深刻な部分もあるヨーロッパ国ドイツはしかの発生で、国際間の交流は頻繁に、ウイルスが通りやすく、ビジネス、旅行、観光遊学や帰省方式など国内に入って.今年さん月今、国内で続々とドイツはしか海外移入事例が発生し、今年じゅういち月時点じゅうはち日まで、計ろく例海外移入例のうち、よんしよ例日本から、いち例マレーシアいち例から、中国大陸から、またいち例本土症例.疾管署呼びかけいち歳以下の赤ちゃんや備えないドイツ麻疹抗体の妊婦を免れるべき流行地区へ、計画で流行へ地域のにじゅうごじゅう歳から民衆など、帰国後に触れて妊婦といち歳未満の乳児に提案者に、出発前によんしよ週間まで、同署から国際予防接種契約の病院の旅行医学外来(坜新しい病院桃園国際空港医療センタークリニックや衛生福利部花蓮病院を除く)、どうぞ医師評価接種需要.

ドイツ麻疹は一種の高い伝染性疾病の患者で、発疹ななしち日前後は感染力が,経由の飛沫と患者が直接接触したり、感染予防ワクチンの接種が透過.疾管署呼びかけ乳幼児親には、幼児が満いち歳の時、できるだけ、速携往衛生所や予防接種契約院が接種麻疹、耳下腺炎、ドイツはしか混合ワクチン(MMR);国内生産年齢の女性、例えば検査不具合ドイツ麻疹抗体、検具疹抗体陰性試験報告書から、各県衛生無料いち剤MMRワクチン接種.

一般人はドイツ麻疹に感染した後、ほとんど症状が軽い、発熱、疲労、鼻咽頭、耳後リンパ節が明らかに腫れ、全身性について丘疹など.妊婦は妊娠前期感染は死産を引き起こす可能性、自然流産、胎児に起こるかもしれない先天性ドイツはしか症候群、聴覚障害が現れ,歯周病、緑内障や白内障、小脑症、知能の不足や心臓病などの先天性欠陥、甚だしきに至っては死亡.病管署は、その症状が出ていると、医師に関連する観光史があると訴えています.疑問があればどうぞ~同署グローバル情報ネットワークから免れまたは国内感染通報有料とご配慮を専用線1922(0800-001922)問い合わせる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です