保存生鮮肉の歯周病五大常識:冷凍可防寄生虫?

の庚科技大学保健栄養学部助教授/萧千佑

いちどう> <時.肉交差汚染を避ける.
肉買って帰りは分類の包装を入れ、冷蔵や冷凍保存し、パッケージに避けまな板の上では魚を入れて肉が違う肉の間交差汚染の可能性.片付けていくつかの食材を洗浄後べきまな板を拭いて、再処理別のいくつかの食材;そして最高の一標に日付後に日付を置き、従来の食材に置いて前を避けるために
,歯周病、以前購入の食材の隅で長期最後が新鮮でないか古いことしか捨て無駄.

時2. 
冷蔵:冷蔵庫を長い時間を冷蔵肉本来生肉の状態を抑えることができて、低温微生物や分解酵素の活動力、わけではないが完全に止まって、生肉保存は冷蔵庫の中で、腐敗作用は続けて、だから、生鮮肉は冷蔵庫の中で保管して2日を超えないほうがいい、もし予想数日内には肉を入れて食べるべきを取り出し、冷凍室内の保存.剛調達帰りの肉が最もすぐに処理が、仕入れと帰りの道のりに温度が回復し、だから,生鮮肉が置いて最後にやっとスケジュールの購入を買い終わってはすぐに家に帰っても、分類または分割の保存.水産類の食材なら、当日は食用の部分は冷蔵、殘はすぐに冷凍して冷凍します.

冷凍:一般家庭用冷蔵庫の冷凍温度はおそらく-じゅうに℃~-じゅうく℃の間を循環は、ほとんどの微生物の活動を停止させることができないが、耐低温の微生物の活動停止、微生物も殺す事はできない、だから肉冷凍時も腐るかもしれない.もし確定買って帰った後にどのように食べて、まずゆでてもう少し冷凍、例えば予備出しのスペアリブを先にして熟している後に再収進は冷蔵庫で保存し,保存期限延長でき、二は生肉中の水分はすでにこしらえる過程で放出する、比較的には水分を冷凍を結成氷晶肉質食感を破壊.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です