夢は童心の歯周病童心

私はどこ ,

どこに帰って

時間空間

時間空間

私があの頃の仲間

私があの頃の仲間

があるからただ
夢の中の自分

童心
童心
童心
童心

それは他の理由

じゃなくて

じゃないか

はね
私の子供のころに
私の童心
もし私が子供のころ童心です
そんな
それだけ時間を
最もすばらしくて最も飛ぶ

前の私は弱い
やせて弱々しい
がなければ,歯周病、勉強が
その細い弱い僕
がいじめに
から私を
その言い表せない気持ちに
子供<に別れを告げたbr />いわゆる少年の悩み

はその時間
ただあの時間は
子供童心です
最も真実な楽しみと美しい
僕と呼ぶの子供のころの少年天堂

Pは多くの年

私はとても懐かしいです

少年の中の

悩み<P>には

今の夢の中で
童心は最も純真なこと
最も貴重と透明な心は
あの季節かもしれない
その年齢
利いたふう
があれらのいわゆる悩みだろ

私の知っている限り


私の原初たったひとつの
いかなる雑念の純真なので

は多くの年が過ぎた
私はやはりとても楽しい
楽しい夢の中
最初を悟る最初のあの
童心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です