子供の虫歯はどんなものですか?

虫歯は口腔の中にのたくさんの要素複合して歯硬組織の損害を引き起こした1種類の病気です。これは無機質が鉱を脱くことと有機物が分解することを表現して、病気の発展の過程とともに色つやが変わることから実質な病変まで発展してきます。虫歯は細菌性の疾病で、それに続いて歯髄炎と歯周病を発して歯槽骨と顎の骨の炎症を引き起こすことさえもできます。虫歯の継いた病気は病巣を形成することができるので、関節炎、心内膜炎、慢性腎炎、眼疾などを強めて、また他の疾病を引き起こします。

破壊の程度に基づいて、虫歯は軽い、中等、重い3つの虫歯に分かれます。

1.軽い虫歯です。病理の変化はただ琺瑯質内にあって、歯の色がもともとおなじ色していますが、表面で黒点があり始めたりカルシウムを脱ぐ白点が現われたり、某所がいつも食べ物を塞いだりすると、この歯のエナメルはもう破壊することにあって子供がほとんどう違和感が感じられません。

2.中等虫歯です。病理変化はもう歯の実質に達して、浅層虫歯の穴を形成します。その頃子供は寒さいとか酸っぱいとかあつい刺激の感じが明らかで、だるくて痛いと感じやすいです。また食べ物一旦歯間に入ったら、すぐ気分が悪くなって、ただ後で清潔したらつらい気持ちが気すぐ解除します。

3.重い虫歯です。病理変化はもう歯髄腔に達して、一定の時間に痛みが続いてからやっと消えます。治療しないと、細菌は歯の根部に沿って歯の先に達して、歯周病を引き起こして、慢性の病巣を形成して、歯槽骨とあごの骨炎骨髄炎と全身性疾患を引き起こします。

もし子供が虫歯になったら、歯の穴が深く大きくなることを防止するために、すぐ病院までつれて歯科の医者に打診して治療すべきです。永久歯をかえることを待ってはいけません。なぜかというと、児童の虫歯は容易に併発した深刻な疾病を引き起こして、そしておそらく子供の食事にも影響して栄養問題の点からみると子供の成長と発育に影響することもできます。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。

  • 12th 4月, 2016