抜罐後どれらの歯周病注意事項

を罐や針灸や刮痧の作用は同じ、中医治療中の外治.は物理治療に効果が最も重要な方法の一つで、それはその充血治療方法を罐後も多くの注意事項.治療効果は著しく、患者の友達は、多くの注意事項を理解する必要があります.

国罐人称を治療を重学治療方法、この治療法は非常に簡単で、家で自分で治療効果が著しい、それから、我が国では、昔から伝わる、多くの外国の友達も濃厚な興味を吸い玉.

を罐後注意事項:

肺の慢性病の人は肺胞の破裂

を招いて、肺の破裂の

が肺基礎病の患者、例えばゆっくり抵抗肺、肺結核,肺膿瘍、気管支拡張など、適用を吸い玉.肺部の炎症がある時は、よく伴っ肺胞の損傷や肺が体液滯留.もし罐で治療を抜いて、胸腔内の圧力が急激な変化によって、肺の表面肺大泡破裂が発生して、それによって自発性気胸.

p>を抜いて<罐風邪をひいてからお風呂に入り

p>罐後は<を入浴して
,たくさんの愛の浴槽のお風呂に入る人はしばしば罐やお風呂、ひとつも少なくない.確かに、温かい澡水や温かい罐、洗って再を抜いて終わって洗って、考えても楽に.しかしこの順番は注意して、お風呂に入ってから抜い罐が、絶対に後すぐ風呂に入っては吸い玉.

を罐後、皮膚は一種傷害された状態で、とてももろくて弱くて、この時にお招きやすい肌に破損して、炎症を起こす.もし洗いシャワーであれば、皮膚、毛穴の開きの状態、冷えやすい.だからきっとすぐ入浴後を吸い玉.

p> <長時間を招く罐皮膚感染

多くの人が言う

罐この抜いて少なくとも半で、ある人は抜いて体現罐の才能水疱を抜いて効果を持って、特にいくつかの老人という観点が多い.

p>によって抜いて<罐罐大きさ、材質、負圧の力が違う.しかし一般的には少しのぼせるで、缶は10分を超えないと良い.抜いてから罐の主な原理は負圧ではない時間を、もし負圧大きい場合吸い玉の時間は長すぎる抜く水疱まで、このようにだけでなく、皮膚を傷つけ、皮膚感染症を引き起こすかもしれません.

またも気の秋冬の気候は非常に干雑、吸い玉がちょっと暖かい部屋で.缶はすぐに服を着て、風邪を引かないで,歯周病、適当に飲むことができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です