接吻歯周病する前に健康と認知する必要があります

に情愛世界中の男女が好きで、へキスに自分の愛を伝えるが、医師の皆さんも注意して、キスが潜んで多くの危機、例えば肝炎などの病気は伝染口泡を通じて、そこでみんなは少しも注意,.

男女交際中でも言い寄るの方式の一つだが、キスは下記の状況と疾病の発生につながる可能性がある.

p <>は<時

膜を破って
鼓膜は薄く、無理な力が入りやすいのでそれを破り、情熱的に苦労に耳を吹いてもまた、鼓膜に外傷.

時p <散
播幽門
巻き貝
スピン菌
罹患十二指腸潰瘍や胃潰瘍者、ピロリ菌検査するべきで、保菌者はキスでは、この菌をばらまく相手に.

p〉〈時は> <伝染エイズ、B型肝炎
この2種類の疾病を経由して血液感染、だからキスも盛り上がり、うっかり口を皮や口腔粘膜を破って、相手はちょうどこれらの疾病を持って原作者とされる可能性が伝染した.

p〉〈時は> <伝染
風邪


風邪やA型肝炎を通し口泡を聞くところによると、この病気の時、急いであなたの恋人をしないで.

伝染
脊髄

髄膜炎
にイギリス医学ジャーナルの最新の報道によると、友達とキス、特に靑少年の民族が常に別時間と異なる友激情へキス可能性がありますが、伝染め緻命的な脊髄性髄膜炎、確率のより大人よりも4倍.

キス
また、肺肺結核、耳下腺炎、梅毒、猩紅熱などの疾病は体にして、くれぐれも他人にキスしないでください.

成人の口腔内では病菌に雑魚、幼児の口にキスをしないでください.

は恋愛中の人へキスの習慣に加えて、両親は子供にもよくある光景キス.医師特別に親、正常な状況で、成人口腔内に多くの細菌が存在している、疱疹ウイルス、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です