1日15分、歯周病簡易体操は簡単に血圧予防予防に予防する

高血圧の人口は年々増加し、血圧は中風中風、腎臓病などの合併症、最も恐ろしい慢性病といえる.実証を研究して、毎週さん度半の有酸素運動は血圧を下げることが、これは多くの人にとってまるで難しい.そのため、近畿大学生物理工学部副教授長穀道に設計したセット,血圧の室内体操、いち日じゅうご分だけ、お手軽保有健康.高血圧の室内体操を予防というようにする」1日5分ずつで、1週間4~5回◎◎◎注意:高血圧患者と医師と相談してから◎◎

向けて:簡単な有酸素運動を飲む「有酸素運動は最も効果的な高血圧予防法で、より多くの酸素を全身に運び、血液循環を促進し、血管の弾力と幅を増加させる.そのため、まず簡単な酸素運動から体を温め始めましょう!

POINT.1~に分後に徐々に暖かく体.ステップ/

ステップ:

いち.右足を右に一歩、左足が続き、左足を左へ一歩,歯周病、右足から徐々に慣れて、この動作は〈地絡距離少なくとも幅〉肩を越えて.

2.1後、2匹の足といっしょにいっしょにいた時、1本の手をたたいて.3 .ゆっくり加速し、効果をより良い効果を.

STEP2:進化版!動作が血液循環を促進する

この.強さを増加より太ももなど地方の血液循環を促進する.

ステップ:いち.動作に向けて走り出、少ししゃがむもう立ち上がり(のようなボクシングをしている様子)、増加アクション強度.

手を入れ替わって拳を送ります.

さん.習慣後,を増やすこともできるし前、後のステップに基づき、右→左→前→後の順地絡.

BONUS:運動が苦手ですか.高血圧予防で高血圧を予防する運動の体を仕上げて、運動の体をリラックスさせることができる体をリラックスさせます.また、体のざっくりを刺激すると自律神経が血管に作用し血管幅を増加させ、高血圧予防効果を持つ効果があります.1
.足がひざまずいて床にひざまずいて座る.

両手は伸びる、腕は床に貼って、猫は猫のように伸びているように.

両手は体を支えた後腰をおろし、体を体にして、両手と床の垂直、頭を天井に見ます.

室内体操は一年にしても行うことができ、室内体操で血液循環が増え、高血圧の予防効果にも達します!あなたも見てみてはいかがでしょうか.